車の修理費用まとめ

>

車の修理費用が気になる

一般的なドア交換の相場と期間

ドアが開かなくなるような状態は、板金修理よりも交換した方が良い場合となります。
開かない事態は、ドアだけではなくヒンジも損傷しているパターンが多く、修理費用はかさみます。
修理費用として部品代以外は作業工賃・塗装代金・その他、という内訳になります。
目安としては10万~15万円ほどとなります。
新品を使うか、中古を使うかでも変わってきます。
ドア周辺の様々な箇所が損傷しているとさらに高額になってしまいます。

修理期間も気になるところですね。
交換するのにドアの在庫があれば早めに取り掛かれますが、ない場合は取り寄せとなります。特殊な車や中古部品を使う場合は取り寄せとなる可能性が高くなります。
1週間以上はかかってしまうことを念頭におきましょう。
また長い休みのあとなどは修理屋が混む時期なので時間がかかってしまいます。

車の修理のいろいろ

ドアの損傷具合によっては、交換にまで至らない場合もあります。
板金修理でどうにかなる場合は、程度によりますがドア交換のおおむね半額ほどですみます。
修理に依頼に出さなくても自分でどうにかなりそうな傷の場合は、カーグッズを買ってきて修理することもありますね。修理グッズの値段は1000円代からあります。

ドア以外の車の修理費用も気になるところです。
特に高いものはどこになるでしょうか。
エンジンにトラブルが発生した場合はほぼ交換となります。
この場合、50万円以上はかかります。エンジンの交換は非常に高額になりがちなので、場合によっては新車を検討することも考えましょう。
修理期間は1週間以上かかることを目安にしておきましょう。


この記事をシェアする
B!